避難安全検証

2015年10月22日

防火安全技術者による火災避難シミュレーション安全検証〜東京ビッグサイトなどのイベントで必要です。

こんにちは。

代表取締役の須田です。
二日連続投稿で失礼します。昨日のイベント業務管理士の投稿に続く資格の話です。

最近、東京ビッグサイトや渋谷近辺のイベント開催で、所轄消防署より「避難シミュレーション」を提出をしないさいと言われることが多くあります。この火災避難シュミレーションをご存知でしょうか?

ズバリ、コンピュータで火災が起きた場合に避難ができるかどうかを図面データと収容人員と火源を入力することで、資格的に見せるコンピュータシミュレーションです。
言葉で説明するより、下記の動画をご覧いただくとよくわかると思います。



東京都火災予防条例第56条の2及び56条の3の避難安全検証:47対象物(主な用途 展示場、体育館、倉庫等)で提出が義務付けられております。続きを読む

kscrew_suda at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック

2011年10月03日

避難シミュレーション

株式会社ケーズ・クルーでは「防火管理技術者による避難シミュレーション」の導入をいたしました。
イベント開催時の万一の火災、地震...。どれだけ事故防止、防災を行っても、有事の可能性は0になりません。もしもの時に、来場者を避難させ、死傷者を0にすることは主催者様の責任であり、私ども株式会社ケーズ・クルーの使命であります。

このたび、弊社ではコンピューターにより視覚的に安全に避難ができるかどうかの検証を行えるシステムの導入を行いました。
火災予防条例第56条の2及び56条の3の避難安全検証:47対象物(主な用途 展示場、体育館、倉庫等)が義務づけられています。防火安全技術者が在籍し、より安全なイベント運営をめざしております。

オフィシャルホームページでは実際の導入事例をご覧いただけます。

株式会社ケーズ・クルー管理本部




cpiblog01740 at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック