2016年04月08日

登録スタッフさんの生の声#1〜イベントスタッフの体験談・感想

こんにちは。
広報グループのKです。

先月に開催されましたスタッフさんの作文コンクリールの作品を幾つかご紹介します。
順次、1名づつご紹介します。
まずは、「M.E」さんです。Eさんご投稿ありがとうございました。





ケーズの一員として、様々な現場を一緒に創ってみませんか?



staff-intro-em


 僕は以前、全国の小学校を巡業する劇団に所属していました。そのため、活動時間が不規則だったので、融通が利く仕事はないかと探していた際に出会ったのが「ケーズクルー」でした。


 初めてのお仕事は逗子海岸での設営。炎天下の中、砂浜に足を取られながら作りあげたステージを見たときには充実感いっぱいになりました。それと同時に、こういったお仕事があるからこそ、ライブが成り立つのだという縁の下の大切さを実感。設営は勿論。大学の卒業式、企業の式典や大会の運営など、幅広い業務に取り組んできましたが、中でも一番の思い出に残っているのは、やはり両国国技館でのお仕事です。


 ケーズクルーといえば、両国国技館!と言っても過言でないほど、一年中入ってきます。養生や座布団などの設置など様々な業務の中で、両国国技館のツアーを担当するというお仕事がありました。

 それは、某企業イベントに参加したお客様に、国技館内各所をご案内するといった内容でした。働き慣れ、見慣れている国技館の歴史を僕自身も学び直した結果、その伝統を再認識、素晴らしい場所で働いているという誇りを改めて持つことが出来ました。
ご案内の際、たまたま相撲学校に居合わせた力士の方が、花相撲や巡業相撲の俵上で力士が披露する相撲甚句を歌って下さるという大サービスまで頂きました。ケーズクルーで働いていると、そんなラッキーな待遇にも時に巡り合えます(笑)

 巡り合うといえば、人間誰しも失敗することだってあります。かくいう僕も、仕事で大失態を犯してしまったことが一度だけあります。まったく自分のミスでした。社員のKさんにお詫びしたあとのひとことが「その失敗は仕事で取り返してくれればいいよ」という言葉でした。僕はまったく予想していなかった反応に、一瞬戸惑いすら覚えました。その後、ただただ全力で取り組む一方だったのは言うまでもありません。


 この一件以来、僕自身のケーズクルーに対する恩義は深まりました。人として懐が深い社員さん達だけではなく、普段から的確な指示で現場を担うチーフやディレクターの皆さんや、思いやりある人柄でチームワークを築いてくれる登録メンバーの皆さんなど、その雰囲気に惹かれ、今でもお世話になっているのが僕にとってのケーズクルーです。
是非、ケーズの一員として、様々な現場を一緒に創ってみませんか?

株式会社ケーズ・クルー登録スタッフ Eさん









[株式会社ケーズ・クルーよりお知らせ]

当社ではイベントスタッフのアルバイト・ディレクターを募集中です。自由出勤の登録制アルバイトから高給優遇登録制ディレクターまで幅広く人材を募集しております。詳細はオフィシャルホームページをご覧下さい。
株式会社ケーズ・クルーオフィシャルサイト
http://www.kscrew.co.jp


○イベント運営・イベントスタッフのアルバイト
株式会社ケーズ・クルー
所在地:東京都新宿区三栄町9-6
TEL : 03-5363-3901(代表)/ 03-5363-2433(キャスティング)



cpiblog01740 at 13:02│Comments(0)TrackBack(0) mixiチェック スタッフの素顔 | 番外編

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。