2015年10月23日

マイナンバーの取り扱い

こんにちは。

ITグループのKです。

今回の記事は主に登録スタッフ様向けです。
今、話題の「マイナンバー」について、当社の取り組みについてご紹介いたします。

説明会風景



 マイナンバーの取り扱いガイドライン

 当社が社会保障および納税に関する書類等の作成するうえで、当社で働く登録スタッフ様等のマイナンバーを記載する必要があります。しかし、安易に書類に記載させるなどの行為は漏えいにつながることから漏えいしないよう特定個人情報保護法やガイドラインで定められています。

収集にあたっては絶対に漏えいしない方法を用いなければいけない、取扱者を限定して手順書や記録をとらなければいけないなど、かなり厳しい内容となっております。

参照「特定個人情報保護委員会」
http://www.ppc.go.jp/legal/policy/document/


 マイナンバーの収集方法

 当社としては最新の堅牢なIT技術を用いてガイドラインを遵守するために万全を期して収集をいたします。そのための投資をすでに行い、現在稼動準備段階に入っております。
ですから安易に電話やメールで当社社員がマイナンバーそのものをお尋ねしたり、カードの提示を求めることは絶対にありませんので、収集詐欺などに十分ご注意ください。

登録スタッフ様には個別に手順や方法を説明いたします。また、ご自身が帳票(扶養控除申告書、源泉徴収票など)を必要とされない方からの収集はいたしません。


 これからイベント会社にご登録をお考えの方

 当社のように漏えいしないようガイドラインを遵守するために万全を期している会社かどうかの確認をおすすめします。多数の人がいる場所で記載させたり、マイナンバーカードをコピーしたりする行為や電話で尋ねるなどの行為は情報漏えいについて万全とはいえません。だから絶対に漏れるとは言いませんが、ガイドラインを完全に遵守するにはそれなりの資金がかかります。その投資をしない会社は登録スタッフ様を大事にしない傾向にある会社と言っても過言ではないと思います。(個人的な見解)



当社の取り組みについて、お問い合わせや気がかりなことなどありましたらご遠慮なくお尋ねください。

株式会社ケーズ・クルー管理部
電話:03-5363-3901







トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。