株式会社ケーズ・クルーでは「防火管理技術者による避難シミュレーション」の導入をいたしました。
イベント開催時の万一の火災、地震...。どれだけ事故防止、防災を行っても、有事の可能性は0になりません。もしもの時に、来場者を避難させ、死傷者を0にすることは主催者様の責任であり、私ども株式会社ケーズ・クルーの使命であります。

このたび、弊社ではコンピューターにより視覚的に安全に避難ができるかどうかの検証を行えるシステムの導入を行いました。
火災予防条例第56条の2及び56条の3の避難安全検証:47対象物(主な用途 展示場、体育館、倉庫等)が義務づけられています。防火安全技術者が在籍し、より安全なイベント運営をめざしております。

オフィシャルホームページでは実際の導入事例をご覧いただけます。

株式会社ケーズ・クルー管理本部